カマグラゴールド購入

カマグラゴールド購入/バイアグラと同じ効果を実感

カマグラゴールド購入

「カマグラゴールド」と言う名前を聞いて「バイアグラのジェネリック薬ですね」と答えられる方は、ed治療薬の事にかなり詳しい方だと思います。

 

ed治療薬は現在「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類が発売されていますが、それぞれにジェネリック薬が存在します。

 

カマグラゴールドは、インドの「アジャンタ・ファーマ社」が製造する、バイアグラのジェネリック医薬品です。

 

バイアグラの成分と同じクエン酸シルデナフィルを100mg配合しています。

 

カマグラゴールドは、値段もバイアグラの約2分の1以下の価格で購入することが出来ます。

日本で発売されているバイアグラジェネリックは、配合量が25mgと50mgだけですが、カマグラゴールドは100mg錠なので、25mgと50mgを使用する方はピルカッターで4分の1または2分の1にすると、さらにコストパフォーマンスが高くなります。

 

数あるバイアグラジェネリックの中で、カマグラゴールドは最も使用されている、定評あるジェネリックed治療薬なんです。

 

副作用も少なく、安心して使用できる点も人気の一つになっています。

 

購入方法はインターネット通販で「個人輸入代行業者」から購入する方法になります。

 

近年粗悪な「ニセモノ」が多数流通していますので、信頼のおける業者の選択が重要です。

 

ここのサイトで紹介している業者は、「正規品」のみの扱いですので安心です。

 

バイアグラのジェネリック薬であるカマグラゴールドをもっと詳しく知りたい方は次のページ以降を参考にして下さい

カマグラゴールド通販

カマグラゴールドを購入する際には、インターネット通販を利用することになります。

 

インターネット上で取引される薬の約6割近くは「偽造品」いわゆる「ニセモノ」であるという調査結果があります。

 

それほど、「ニセモノ」を扱っている「個人輸入代行業者」がたくさん存在するということなんですね。

 

 

悪質な個人輸入代行業者は、タダ同然で仕入れた「ニセモノ」を「正規品」より安い価格で販売し、ある程度利益を上げた所で会社を解散してしまう手口で「ニセモノ」を売りさばいています。

 

「ニセモノ」を購入させられただけでも迷惑ですが、購入したものの中に副作用を起こさせる成分が混入していて、予期しない副作用に襲われたら最悪です。

 

そのような「ニセモノ」は、不衛生で劣悪な環境で製造されている事が多いので、副作用のリスクは大きいといえます。

 

「ニセモノ」を扱っている業者の見分け方は、極端に安い値段で販売している点やハローページなどに業者登録が無いなどで判断できます。

インターネット通販は、自分以外の人には知られることなく、品物が自宅に届く非常に便利なシステムです。

 

しかし、本物と偽物を見分ける目を持っていないと、損をしてしまうことにもなりかねません。

 

あくまでもインターネット通販は「自己責任」が原則なんです。

 

その点、ここのサイトで紹介している業者は「正規品」のみの扱いなので、安心して購入できると思います。

 

インターネット通販を「賢く」利用して、正規品のカマグラゴールドを手に入れましょう。

カマグラゴールドジェネリック

ジェネリックはインドの製薬会社で製造されることが多いんですが、インドは国内のみならずアフリカなどの貧しい国々に医薬品を輸出しており、インドの国内法でジェネリックの製造が保護、推奨されているんです。

 

欧米の国の中にはこの事をあまりよく思わない国もあるようですが、インドで製造された薬を輸入している貧しい国では、薬価が上がってしまうと国の医療制度自体が崩壊してしまう恐れがある国が多いので、あまり強くは出られないのが現実のようです。

 

ジェネリックというのは、英語で「一般的な」という意味で、欧米では薬を処方する時に、ブランド名ではなく一般名(generic name/ジェネリックネーム)が使われることが多く、「ジェネリック医薬品」(generics)と呼ばれています。

 

 

それが世界共通の名前となって、日本でも「ジェネリック医薬品」という名前が広まったんです。

 

新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に発売される医薬品なので、「後発医薬品」とも言われています。

 

ジェネリックと言うと、オリジナルのバイアグラより効果が低いんじゃないかと心配する方がいるかもしれませんが、成分のシルデナフィルが同じなので効能は全く同じなんですね。

 

むしろ、カマグラゴールドはシルデナフィル100mg配合なので、半分にして飲まなければならない程効果は高いくらいです。

 

ただ、劣悪な環境で「ニセモノ」の薬を作っている悪質な業者も多く存在しています。

 

ある調査によると、インターネット上で出回っているed治療薬の半数以上が「ニセモノ」だったという報告もあるくらいです。

 

極端に安い価格を提示している業者はまず「ニセモノ」を扱っていると思って間違いありません。

 

NTTのタウンページに掲載されていない業者なども要注意です。

 

ちゃんとした業者を選んで、ジェネリックを上手に利用したいですね。

カマグラゴールド・飲み方

バイアグラのジェネリック薬である「カマグラゴールド」は飲み方によって効果が大きく変わる場合があるんです。

 

たまに、「カマグラゴールド」を飲んでも効果が感じられなかったという人がいます。

 

その原因のほとんどが、「完全な空腹時に飲む」という最も効果的な方法をとっていなかったことが原因なんです。

 

お腹いっぱい食事をした後「カマグラゴールド」を飲んだ場合、血液中に他の食物の栄養分などが同時に吸収されてしまうため、「カマグラゴールド」の成分の吸収効率が悪くなってしまいます。

 

さらに、脂分の多い食事をした場合は、胃の内壁に脂の膜が出来てしまい、さらに吸収効率が悪くなってしまうんです。

 

「カマグラゴールド」の効果を100%発揮させるためには、胃の中に何も入っていない状態で「カマグラゴールド」を飲みましょう。

 

そうする事によって、血液中にの成分である「シルデナフィル」が効率よく吸収され、本来の効果を発揮するんです。

 

ベッドインの前にお腹を満たしておきたいと考える方も沢山いると思います。

 

その場合は、空腹時に「カマグラゴールド」を服用しておいて、完全に成分が吸収されるとされる30分を過ぎてから食事をしましょう。

 

完全に成分が血液中に吸収された後であれば、多少脂っこい食事であっても効果に影響はありません。

 

ただ、「カマグラゴールド」が最も効く時間は服用後1時間とされていますので、あまりゆっくり食事をしている事も出来ませんよね。

 

事前に、「カマグラゴールド」を飲むタイミングと、ベッドインのタイミングを考えておくことが重要です。

カマグラゴールド・PDE5阻害薬

カマグラゴールド(バイアグラ)の成分である「シルデナフィル」は、PDE5阻害薬と呼ばれています。

 

PDEはホスホジエステラーゼ(Phospho Diest Erase)の略で、ちょっと難し言い方になりますが「細胞内セカンドメッセンジャーであるサイクリックAMP (cAMP)およびサイクリックGMP (cGMP)を分解しそれぞれ5’-AMP, 5’-GMPとする酵素」という物質なんですね。

 

基本的な勃起のシステムは、まず主に自律神経を介して興奮が陰茎に伝達されます。

 

興奮を伝達された海綿体神経の末端から神経伝達物質が分泌されることにより、 陰茎海綿体の平滑筋が弛緩します。

 

平滑筋が弛緩すると動脈から海綿体への血液の流入量が増加して、 海綿体が膨らんでいきます。

 

海綿体が膨らむことによって、 海綿体内の静脈は外圧の高まりに応じて閉塞していきます。

 

静脈の閉塞により、海綿体に蓄積された血液は体に戻らずにペニスに蓄積して勃起するという流れなんですね。

 

この一連の流れの中で、カマグラゴールドが一酸化窒素を介して陰茎海綿体の平滑筋を弛緩させ勃起力を高める働きをするcGMPを分解してしまうPDE(ホスホジエステラーゼ)の働きを阻害する事で、陰茎海綿体平滑筋を弛緩拡張させて、 勃起の最初の動きである海綿体への動脈からの血液流入増加を発生させて、ペニスを硬く勃起させるんです。

 

PDE5阻害薬はcGMPの濃度を高める事によって勃起を促す働きをする薬なんです。

 

PDE5阻害薬にはカマグラゴールド(バイアグラ)の成分「シルデナフィル」の他に、「バルデナフィル」(レビトラ),タダラフィル(シアリス) があります。

カマグラゴールド・国産バイアグラジェネリック

カマグラゴールドはバイアグラのジェネリック薬ですが、インドの「アジャンタファーマ社」という会社で製造されています。

 

基本的に先発薬の特許期間が満了してからでないと、ジェネリック薬は製造できないんです。

 

特許期間は、特許庁に特許出願した日から20年間なんですが、医療用医薬品の場合は研究開発に要した期間のうち、治験に要した期間と新薬の承認審査に要した期間が「特許期間の延長」の対象となるため、最長で5年間延長されるので、実質的に医薬品の特許期間は25年という事になるんですね。

 

「バイアグラ」は、成分である「シルデナフィル」の「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了した事で、正式にどの製薬メーカーでも「バイアグラジェネリック」を製造できるようになりました。

 

その事を受けて、日本の製薬会社でも「バイアグラジェネリック」の製造が開始されました。

 

世界的なベストセラーの「バイアグラ」のジェネリックを日本国内でも製造できるようになったんです。

 

先頭を切って2014年5月19日に発売したのは、国内大手ジェネリックメーカーの「東和薬品株式会社」でした。

 

 

名称は「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」です。

 

水が無くても飲むことが出来るように、苦味を無くし唾液の水分だけで服用できる「OD錠」という剤形で、風味は「コーヒー風味」と「レモン風味」の2種類です。

 

気になるお値段は、1錠1200円というジェネリックにしてはちょっと高めの価格設定になっています。

 

東和薬品以外にも、2014年9月19日にキッセイ薬品工業株式会社から「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」が1錠1000円で発売されました。

カマグラゴールド購入・ジェネリック普及

人口の高齢化を反映して、日本の社会保障費は2013年までの20年間平均で、毎年2.7兆円の増加となっています。

 

一方、同期間の社会保険料収入は、所得の伸び悩みから毎年0.8兆円しか増えていません。

 

差引き2兆円弱が毎年赤字として積みあがっています。

 

この赤字額は、国と地方の一般会計からの補助で賄われていますが、政府の税収も経済の停滞で横ばいにとどまっていることから、この社会保障の増加分は国債発行で補われているのが現実です。

 

この雪だるまのように増え続ける社会保障費を改善しないと、社会保障制度そのものが維持できなくなってしまいます。

 

年金については、マクロ経済スライドという財源の範囲内で給付を抑えていく仕組みが始まったため伸びが小さくなるものと思われます。

 

今後は医療費の伸びを抑えることが、課題になっていきます。

 

その中で、ジェネリック薬の普及推進は重要な施策であり、厚生労働省も平成25年4月に「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」を策定し、その中で「平成30年3月末までに、後発医薬品の数量シェアを60%以上にする」という目標を掲げました。

 

ちなみに、平成25年9月の薬価調査に基づく集計値では、現在のジェネリック医薬品の数量シェアは46.9%に留まっています。

 

さらに、2018年度から2020年度の早い時期までに、欧米並みの80%以上に上げるという目標を掲げるとしています。

 

これが実現すれば、年間に1兆3000億円の医療費削減効果があると言われています。


ホーム RSS購読 サイトマップ